2010年04月22日

宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)

 宮崎県発注の業務を巡る官製談合・贈収賄事件で、事前収賄や競売入札妨害(談合)などの罪に問われた前知事・安藤忠恕(ただひろ)被告(69)の控訴審判決が15日、福岡高裁宮崎支部であった。

 榎本巧裁判長は懲役3年6月、追徴金2000万円の実刑を言い渡した1審・宮崎地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 控訴審で、弁護側は1審に続いて無罪を主張。さらに逮捕後のストレスが原因で安藤被告が狭心症などを患ったとの診断書を提出し、「健康状態が悪化している」として裁判所が有罪と認定した場合は執行猶予付きの判決を求めていた。検察側は控訴棄却を主張した。

 安藤被告は悪性リンパ腫治療のため宮崎市の病院に入院しており、この日は出廷しなかった。

 昨年3月の1審判決によると、安藤被告は2003年7月、政治指南役だった元国会議員秘書(72)(懲役1年の実刑確定)と共謀し、元測量設計会社社長(60)(懲役3年、執行猶予4年の有罪確定)から宮崎県発注の測量設計業務の受注に便宜を図るよう頼まれ、報酬と知りながら2000万円を受け取った。さらに05〜06年の計3件の測量設計業務の入札でもこの会社が受注できるよう、元出納長(66)(懲役1年、執行猶予4年の有罪確定)らと共謀し、談合するなどした。

<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)
普天間、強気で対米交渉を=国民新・亀井氏(時事通信)
航空トラブル エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)
中華料理店から出火4棟焼失 堺(産経新聞)
posted by タマオキ ノボル at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。